自宅郵送物なしのカードローンなら借り入れがバレないって本当?

郵送物なしのカードローンなら借入がバレないのか?

カードローン契約をなるべく誰にもバレずに内緒でしたい…という方は少なくないです。

 

しかし、カードローン契約をバレずに出来る方法なんてあるの?と思う事でしょう。

 

家族の方や知人の方にバレないようにカードローン契約をする場合、ポイントとなるのが郵送物といえます。

 

カードローン契約をすると、場合によっては自宅に郵送物が発生するので、それを家族が受け取ってしまったりして借り入れがバレるのがほとんどです。

 

逆に言えば、それ以外の原因でカードローンなどの借入がバレることは、ほとんどありません。

 

そのため、自宅への郵送物を無くせば、借入がバレないことは少なからず本当の事なのです。

 

郵送なしで借りれるカードローンランキング

プロミス

郵送物なしで借りるならプロミスが圧倒的におすすめ!

プロミスの特徴

消費者金融でアコムと2大巨頭になっているのがプロミスです。プロミスは実質年率4.5%~17.8%になっており、他の消費者金融に比べて若干低金利になっています。人気No.1のカードローンです。

金利 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間融資可能

自宅や勤務先など、とにかくカードローンの郵送物は一切なしで借りたい!と思っている人は、プロミスが最強です。

 

プロミスはカードレス対応になっていますので、WEB完結で返済方法を口座振替(引落し)にして、カード発行不要を選択すれば、自宅への郵便物は何もありません!

 

そして、メールアドレスとWEB利用明細の登録で30日間無利息サービス有!申込から最短1時間融資も可能なので、今すぐに借りたい人も満足できるオールマイティなカードローンです。

 

プロミス公式サイトを見る

レイクALSA

提携ATM手数料無料!最強の利便性が魅力!

レイクALSAの特徴

レイクALSAは消費者金融では珍しく提携ATM手数料が無料です!コンビニATM終日無料で利便性はNo.1となっています。

金利 4.5%~18.0%
限度額 1~500万円
審査時間 申込完了画面に15秒で結果表示
融資時間 最短即日

レイクALSAはもともと新生銀行カードローンでしたが、銀行が即日融資禁止となったことから、新生フィナンシャルが貸付する消費者金融に再び戻ってきました。

 

レイクALSAもWEB完結+カードレスに対応しており、カードレスを選択すれば自宅への郵送物無しで借りることができます!

 

尚且つ、借入の全額を30日間無利息または、借入の内5万円までを180日間無利息の2つの無利息から自分に合った方を選ぶことができます!(2つの無利息併用は不可)

 

そして最大の特徴は、提携ATM手数料が終日無料のことです。消費者金融では提携コンビニATMから1万円以下を借入・返済すると108円、1万円超だと216円ものATM手数料が取られます。

 

銀行カードローンの多くは手数料が無料なのですが、消費者金融はほとんどが有料です。レイクALSAは手数料無料となっているため、他の消費者金融よりも圧倒的におすすめです。

 

レイクALSA公式サイトを見る

SMBCモビット

電話連絡・郵送物なしで借りれる元祖WEB完結

SMBCモビットの特徴

モビットは圧倒的なCM等の広告によって知名度が抜群のカードローンです。最高限度額800万円はカードローンでもトップクラスになっています。

金利 3.0%~18.0%
限度額 1~800万円
審査時間 最短即日
融資時間 ※最短即日融資

モビットのWEB完結は、自宅への郵送物なしに加えて、電話連絡も一切なしで借りることができます。

 

もともとカードレス対応での郵送なしをやり出したのはモビットが最初であり、他のカードローンはそれに追随している形です。

 

モビットは電話連絡も無しで借りれるので、バレる心配が圧倒的に低いのですが、デメリットとしてWEB完結できる条件が他よりも厳しくなっています。

 

モビットのWEB完結は、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のどれかの口座を持っていて、本人確認書類は運転免許証かパースポート、そして収入証明書も必要となっています。

 

電話連絡もなしにしていることから、条件が厳しくなっていますが、誰にも内緒でバレずに借りれるメリットは高いでしょう。

 

モビット公式サイトを見る

 

カードローン契約で郵送物が自宅に届く場合とは?

 

カードローンで郵送物に対して気を付けないと、以下のようなタイミングで金融機関から自宅に郵送物が届きます。

 

郵送物が生じるタイミング
  • 申し込み完了後のローンカードや契約書類の郵送
  • 利用明細書のハガキでの発行
  • 返済を滞納した時の督促状

 

上記の郵送物のうち、督促状以外のものは自宅への郵送を避ける事が可能です。

 

申し込み完了後のローンカードや契約書類は、WEB完結+カードレス契約をしたり自動契約機を利用したりする事で郵送物なしに出来ます。

 

大手のカードローンはほぼWEB完結に対応していますので、契約書類の郵送はありません。中堅以下の消費者金融などはWEB完結に対応していないので、その場合は自宅に契約書類が届くことになります。

 

利用明細書も、メールやWEB明細での確認に設定することで、郵送や紙としての発行がなくなります。

 

しかし、返済を長期間滞納した場合に自宅へ郵送される督促状だけは避けられません。

 

ただ、返済が遅れなければ督促状は当たり前ですが届きません。

 

延滞で督促状が届くのは自己責任の問題です。仮に支払いが遅れる場合でも事前に電話をしていれば督促状(入金案内)は届きません。遅れると分かった時点で連絡を入れましょう。

 

したがって、内緒でカードローン契約をする場合は、まず郵送物をなしに出来るカードローンを選ぶ事が重要です。

 

自宅への郵送物なしで借りれるカードローンは限られています!

 

カードローンは、銀行やクレジット・信販会社、消費者金融、JAバンクなど多くの種類がありますが、ほとんどのカードローンは自宅に郵送物が届きます。

 

今人気になっている銀行カードローンは、ほとんどがWEB完結に対応しており、インターネット上で契約をすることができるので、自宅への契約書類郵送はありません。

 

しかし、契約書類の郵送は無くても、ローンカードの郵送があるのです。銀行はローンカードを申込住所に郵送することで、自宅に住んでいるかの在宅確認をしているのです。

 

そのため、自宅にカードを送らないで欲しいと言っても認められません。

 

このように、大手都市銀行を含めたカードローンのほとんどは、自宅にローンカードが届いてしまいます。銀行だけではなく、クレジット・信販会社が発行しているカードローンも自宅にカードが届きます。

 

今あるカードローンの中で、郵送物なしで借入ができるのは(自動契約機来店を含まず)、実はごく僅かなカードローンしかないのを知っていますか?

 

どのカードローンでも当たり前に郵送なしで借りれると思ったら大間違いです。

 

では、どのカードローンが自宅への郵送物なしで借りられるのか?そして、その中でもおすすめはどこなのか?

 

郵送物なしで借りれる、おすすめカードローンを紹介します。

 

郵便物なしでカードローンを借りるならプロミスへ!

プロミス

自宅への郵送物を一切なしで借りるなら、プロミスが圧倒的におすすめと言えます。

 

カードレス対応のWEB完結で、最短1時間融資が可能に加え、メールアドレスとWEB利用明細の登録をすれば、借入日より30日間の無利息サービスが受けられます。

 

プロミスでの契約で郵送物をなしにする場合は、WEB完結契約か自動契約機でのカード発行どちらかの方法を選びます。

 

ローンカードの発行をなしにする事で郵送物をなくすなら、プロミスの場合もWEB完結で手続きをする事でカードレス契約も可能です(カードは後日発行することもできます)。

 

逆に、ローンカードを発行しても、郵送物はなしにしたい場合は自動契約機からカードや契約書類を発行することになります。

 

プロミスでWEB完結契約する場合は、対応金融機関が200行以上ある為、自前の口座が大体利用できるのが特徴です。

 

また、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座がある事で、瞬フリという最短10秒振り込みサービスを24時間いつでも受けられます。

 

モビットの場合は、自邸の口座で振り込み融資を受ける場合も、最短即日振込対応には時間の制限があるので、プロミスの方がメリットがあるといえるでしょう。

 

プロミスで郵送物なしにする方法
  • WEB完結でカード発行をなしにして、返済方法を口座振替にする
  • 自動契約機で契約する(カード発行有)

 

プロミス公式サイトはこちら⇒

 

レイクアルサ(レイクALSA)もカードレスで郵送物なしにできます!

レイクアルサ

最近消費者金融に戻ってきたレイクALSAも、カードレス契約に対応しており、お借入額の全額を30日間無利息または、5万円までを180日間無利息の2つの無利息から選択することができます!(2つの無利息併用は不可)

 

そして最大のおすすめ点は、コンビニ等の提携ATM手数料が無料になっていることです。

 

消費者金融の提携ATM手数料
1万円以下 1万円超
108円 216円

 

レイクALSA以外の消費者金融の場合、1回の借入または返済で上記の提携ATM手数料が取られます。

 

例えば、月に4回セブン銀行で2万円借入した場合、864円もの提携ATM手数料が次回入金時に真っ先に引かれます。

 

この864円は、仮に80,000円を1ヵ月(30日間)利用した場合の利息1,183円の7割超もの金額になるのです。

 

銀行カードローンの多くは提携ATM手数料が無料ですが、消費者金融で無料なのは、レイクALSAの最大の魅力となっています。

 

WEB完結か自動契約機で郵送なしにできます

 

レイクALSAは元々、以前のレイクでもWEB完結での振り込み融資は得意としていたので、現在もその点は変わっていません。

 

モビットやプロミスと同じで、WEB完結契約か自動契約機でのカード発行で郵送物なしでのカードローン契約が可能です。

 

最短即日振込融資を希望する場合、平日14時までに申し込みと本人確認書類の確認が完了する必要があります。

 

即日振込対応時間を過ぎた場合は、自動契約機からカード発行が可能ですが、レイクALSAの自動契約機は第3日曜以外は22時という遅くまで営業しています。

 

その為、例えば仕事で帰りが遅くなる場合などでも、自動契約機からのカード発行が可能です。

 

レイクALSAで郵送物なしにする方法
  • 契約画面で、「Webで契約(郵送なし)」を選択し、自動引落しサービスの金融機関を登録する
  • 自動契約機で契約する(カード発行有)

 

レイクALSA公式サイトはこちら⇒

 

郵送物も電話連絡もなしでバレないカードローンならSMBCモビット!

郵送物なしでバレないという点に重点を置くとき、内緒でカードローン契約をするポイントとして、出来れば電話連絡の有無にも気を付けると良いです。

 

というのは、契約手続きの上で、電話連絡があると電話の内容を周囲の人に聞かれてしまう可能性がゼロではないからといえます。

 

モビットのカードローンはWEB完結契約をする事で、ローンカードなどの郵送物もなしになり、電話連絡も一切なしで手続きが可能です。

 

ただ、モビットWEB完結契約をする為には、以下のような用意が必要となります。

 

SMBCモビットWEB完結契約に必要な物

  • 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座
  • 社会保険証(組合保険証も可)

 

上記の指定口座と保険証がある事で、モビットWEB完結が可能です。

 

モビットWEB完結ではカードレス契約となるので、郵送物もなければローンカードの発行をする必要がありません。

 

したがって、自動契約機までカードを取りに行く手間もないのも嬉しい点です。

 

モビットはWEB完結契約でも郵送物なしが可能で、カード発行契約でも自動契約機まで行くなら郵送物なしで契約できます。

 

ただし、モビットカード発行契約の場合は、電話連絡なしにはなりません。

 

借金がバレない可能性が高いのは、モビットWEB完結で郵送物も電話連絡もなしで契約する方法といえるでしょう。

 

電話連絡なしでカードローン契約手続きが可能なのは、他の金融機関を合わせてもモビットWEB完結契約だけです。

 

SMBCモビットで郵送物なしにする方法
  • モビットのWEB完結で契約する(カード発行なし)
  • 自動契約機で契約する(カード発行有)

 

SMBCモビット公式サイトはこちら⇒

 

ローンカードがないとATMからの借り入れが出来ない?

 

ちなみに、カードレスの場合は融資を振り込みでしか受けられないというデメリットがありますが、モビットの場合はその心配がありません。

 

というのは、モビット公式スマホアプリとセブン銀行ATMを使う事で、カードレスでもATMから借り入れが出来るからです。

 

今のところ、その様なスマホATM取引が出来るのはモビットとプロミス、レイクALSAだけとなっています。

 

モビットでもスマホATM取引は可能ですが、プロミス・レイクALSAでも同じサービスの利用が出来ます。

 

加えて、プロミス・レイクALSAでカードローン契約する場合も、カードレスでのWEB完結契約も対応可能です。

 

アイフルは郵送物が届く時間を指定できる!

 

時に、アイフルでは「配達時間えらべーる」というサービスで、自宅に郵送物が届ク日時を指定することが可能です。

 

したがって、モビットやプロミスでまったくローンカードなしで借り入れ・返済をするのは不安だ…という方は、アイフルでの契約を検討してみてください。

 

アイフルでは、カードレス契約は出来ませんが、自動契約機からのローンカードや契約書類の発行に加え、郵送物の配送日時指定が出来るのでかなり郵送物で借り入れがバレてしまうリスクが軽減できます。

 

郵送物が発生してしまっても、家族がいないもしくは自分が確実に受け取りができる日時指定が出来るのであれば、心配はないといえるでしょう。

 

銀行カードローンは郵送物なしにならない?

 

消費者金融のカードローンは郵送物なしで契約が可能です。

 

しかし、銀行カードローンは原則、郵送物が発生することが多いです。

 

ただ、銀行カードローンでも、自動契約機がある銀行であれば、ローンカードや契約書類の郵送をなしに出来ます。

 

三井住友銀行や三菱UFJ銀行、新生銀行は自動契約機を設置しているので、カードローン契約時の郵送物なしが可能です。

 

郵送物は銀行カードローンでも契約先を選べば可能ですが、カードレス契約は出来ません。

 

原則、銀行カードローンの場合は、ローンカードの発行が必須なので、カード自体を持たずに借り入れ・返済をすることは不可能です。

 

三井住友銀行カードローンが郵送物なしでおすすめ!

 

銀行で郵送物なしでカードローン契約をするなら、三井住友銀行が一番おすすめ出来ます。

 

というのは、先述もしたように自動契約機を設置している為、契約書類もローンカードも郵送なしで受け取りが可能だからです。

 

また、三井住友銀行カードローンの場合、自動契約機の数が圧倒的に多く営業時間も長めです。

 

その為、同じく自動契約機がある銀行の三菱UFJと比較しても、内緒で契約する銀行カードローンとしておすすめ出来ます。

 

加えて、口座が既にありSMBCダイレクトを利用している場合、三井住友銀行カードローンはキャッシュカードにローン機能の付帯が可能なので、一体型カードでの契約でも郵送物なしです。

 

三井住友銀行カードローン郵送物について詳しく⇒

 

みずほ銀行カードローンは契約書類が必ず送られる

 

時に、大手銀行として有名なみずほ銀行のカードローンは、どうやっても自宅への郵送物をなしに出来ません。

 

みずほ銀行は自動契約機の設置をしていませんし、キャッシュカード一体型カードで契約しても契約書だけは必ず自宅に郵送されてきます。

 

ただ一応、本人限定受取郵便でローンカードも契約書も郵送してくれるので、家族にバレる心配は少ないでしょう。

 

みずほ銀行カードローン郵送物について詳しく⇒