三井住友銀行カードローンの郵送物をなしにするには?利用明細や督促状もなしに出来る?

 

銀行カードローンで契約する場合は、契約後の郵送物は銀行名で自宅に届きます。

 

その際、本人限定受取郵便で郵送してくれたり、郵送物自体をなし出来たりする銀行もあります。

 

三井住友銀行カードローンの場合は、後者の郵送物その物をなしにする事が可能な銀行カードローンです。

 

三井住友銀行カードローンで自宅に届く郵送物は何?

 

三井住友銀行カードローンの審査に無事に通過し、契約締結をするとローンカードの発行となります。

 

カードローン契約時の郵送手続きのほとんどは、そのローンカードと契約書類を郵送する為のものです。

 

銀行名が記載された封書で届くのが一般的で、中を開けなければキャッシング関係のものだとは分かりません。

 

封筒や簡易書留の外側にカードローンやキャッシングという具体的な記載はないので、家族の方が万が一受け取っても中を開けない限りは借入がバレてしまう事はないといえます。

 

加えて、万が一中を見られてしまっても、銀行カードローンのローンカードはキャッシュカードと同じようなデザインで、カードにもキャッシングと分かるような文字は刻まれていません。

 

契約書類までまじまじ読まれてしまうと、流石に三井住友銀行カードローンを契約した事がバレてしまいますが、例え家族といえどそこまで他人の郵送物をチェックするのはデリカシーに欠けるといえるでしょう。

 

ただし、三井住友銀行カードローンの場合は、自行と同グループ会社のプロミスのローン契約機から郵送物になるはずの物を受け取る事が可能です。

 

その為、自宅への郵送物で家族にキャッシングがバレる心配はそんなにしなくても大丈夫といえます。

 

郵送先は自宅しかダメ?勤務先への郵送は?

 

ちなみに、とにかく家族にキャッシングがバレるとマズい!勤務先なら個人ポストがあるからいいんだけど…。という方もいると思います。

 

消費者金融であれば、自宅ではなく勤務先への郵送希望を聞いてくれる場合もあるでしょう。

 

しかし、銀行の場合は、申し込みされた際の住所の確認も兼ねて、郵送先は必ず自宅としている事が多いです。

 

その為、三井住友銀行カードローンも郵送物が生じる方法で契約締結をした場合は、基本は自宅への郵送となります。

 

金融機関は、貸し付けをした後に利用者と連絡が取れなくなったり、所在が分からなくなったりするのが一番ネックです。

 

というのは、返済不能になったキャッシング利用者と連絡が取れず、行方不明になられてしまうと債権回収に時間がかかってしまうからといえます。

 

銀行カードローンの金利は消費者金融カードローンの金利よりも低金利なので、正確な住所が分からない!というような貸し倒れリスクは取らないのです。

 

郵送されるローンカードと契約書類は三井住友ローン契約機で受け取る!

 

本来は審査に通過し契約締結をすると、自宅に銀行からローンカードと契約書類などが入った簡易書留が郵送されてきます。

 

ところが、三井住友銀行は郵送ではなく、ローン契約機を利用してローンカードと契約書類の発行が可能です。

 

また、三井住友銀行カードローンのローンカードなどの発行は、プロミスのローン契約機でも可能である為、かなり設置台数が多く日本全国どこでも利用に困る事がほとんどありません。

 

三井住友銀行ローン契約機だけでも全国に約700台設置されています。

 

ローン契約機がある場所は、三井住友銀行公式サイトの「店舗のご案内」ページにて検索が可能です。

 

三井住友銀行ローン契約機は、土日・祝日も含め21時までが営業時間となっています。
(店舗によって営業時間が異なる場合がある。)

 

ローン契約機では、カードローンの申し込みを一からする事も可能ですし、ネット申し込みから手続きの途中で利用する事も可能です。

 

誰かが先に使っていると、待ち時間が出来てしまうのでおすすめはネット申し込みをしてから、審査通過後カード発行のタイミングでローン契約機を利用する流れといえます。

 

ローンカードと契約書類の発行をする際には、本人確認書類が必要なので忘れずに持参しましょう。

 

キャッシュカード付帯型ローンも郵送物なし!

 

時に、三井住友銀行口座が開設済みでインターネットバンキング(SMBCダイレクト)を利用している場合も郵送物なしで契約が可能です。

 

また、その場合申込から契約までのWEB完結も可能です。

 

キャッシュカード付帯型の場合は、審査結果通達後にローン契約機に行く必要もありません。

 

審査通過後は、手元のキャッシュカードでキャッシングが可能となるのでカード発行をする必要がなく、一番手間がかからないといえます。

 

取引明細は送られてこない

 

契約時は郵送物なしに出来ても、キャッシングをしたら後日自宅に取引明細が届くのでは?と思う方もいるかもしれません。

 

振込キャッシングを利用した際に、明細書を郵送してくる金融機関も確かにありますが、三井住友銀行カードローンは取引明細の郵送をしていません。

 

他の金融機関では明細書の郵送をなしにするには、電子発行(データでのダウンロ―ド)の手続が必要になったりしますが、三井住友銀行カードローンでは不要です。

 

明細をを確認する場合は、ATMで明細書を発行するかカードローンプラザ(0120-923-923)に連絡して確認します。

 

他には三井住友銀行アプリからカードローンの利用明細や残高の照会が可能です。

 

返済滞納は絶対ダメ!督促状が郵送される

 

絶対に郵送が避けられないのが返済滞納時の督促状です。

 

ただ、1〜2日返済が遅れただけでは流石に郵送されては来ません。

 

また、三井住友銀行からの催促の電話連絡に出ているうちも、督促状が郵送されるまでには至らないといえます。

 

とはいえ、返済する返済する!と口先だけで何度も言っていて、延滞にまで遅れが長期化してしまっている場合は確実に督促状が自宅に郵送されてくるといえるでしょう。

 

督促状に関しては返済が出来ない方の自業自得といえるので、どんなに三井住友銀行に頼んでも郵送をなしにする事は出来ません。

 

督促状の郵送を止めるには、返済をきっちりとし直すか、債務整理などの手続を開始し始めるかの方法しかないといえます。

 

 

銀行カードローンでは郵送物がなしに出来ない事が多いものの、三井住友銀行カードローンでは柔軟に対応が可能となっています。

 

ローン契約機を設置している銀行は三井住友銀行以外には三菱UFJ銀行しかないので、郵送物なしの銀行カードローンで契約する場合はどちらかでローンを組むのがおすすめです。

 

契約後に返済が出来なくなると、郵送物なしで完済まで過ごすことが出来なくなるので注意しましょう。

 

カードローン郵送物なしをもっと詳しく⇒