みずほ銀行カードローンは自宅郵送物あり!家族にバレない方法はないのか?

 

みずほ銀行は大手銀行である安心感と、金利が他の銀行カードローと比較しても低金利である事で人気があります。

 

その為、みずほ銀行でのキャッシングを検討する方は多いのですが、自宅への郵送物をなしにしたい方には難点があるカードローンといえます。

 

まず結論を述べてしまうと、みずほ銀行カードローンで郵送物を一切なしにすることは出来ません。

 

ただ、郵送物が届いても家族にバレないようにしたり、一部の郵送物だけを省いたりする事は可能です。

 

みずほ銀行カードローンは郵送物なしに出来ないカードローン

 

みずほ銀行カードローンでは、契約書類を自宅郵送する事で利用者の所在を確認しています。

 

ローンカードはキャッシュカード兼用型で契約をする事で郵送をなしに出来ますが、その場合でも契約書類は自宅へ郵送されます。

 

同じ大手銀行でも、三井住友銀行や三菱UFJ銀行では、自動契約機から契約書類もローンカードも発行が可能で郵送物なしにする事が可能です。

 

ただ、その3つの大手銀行カードローンの中では、みずほ銀行カードローンの最高金利が一番低いので悩むところだと思います。

 

みずほ銀行から送られてくる郵送物は口座がある場合とない場合で異なり、口座がある場合はローンカードの郵送はなしにする事が可能です。

 

口座があり手元にみずほ銀行のキャッシュカードがある場合は、キャッシュカード兼用型でのローン契約をする事でローンカードだけは郵送なしに出来ます。

 

しかし、契約書類だけは郵送されますし、口座がある場合みずほ銀行カードローンでは契約書類を普通郵便で送ってくるので、家族が受け取ってしまう可能性がゼロではありません。

 

普通郵便で届いてしまうと家族の方が受取り、中の契約書類に目を通す事でキャッシングがバレてしまうといえます。

 

というのは、契約書類には限度額や金利といったキャッシングに関わる内容が記載されているからです。

 

契約書類にはそのようにキャッシングと分かる記載がありますが、ローンカードは基本的にキャッシュカードと見た目が変わりません。

 

どうせ郵送するならせめてキャッシングと分かりにくい物の方を郵送にしてくれた方がいいような気がしますね。

 

口座がない場合は本人限定受取郵便

 

逆に、みずほ銀行口座がない状態でカードローン申し込みをした場合は、ローンカードと契約書類の両方が郵送となりますが本人限定受取郵便
で送ってくれます。

 

本人限定受取郵便であれば、キャッシング契約をした本人の運転免許証や健康保険証などの本人確認書類の提示が必要なので、自宅に郵送されても家族が受け取ってしまう事がありません。

 

おそらく、既に口座が開設されれいる場合であれば、みずほ銀行から郵送物が届いでも不自然ではないだろう。という事で、口座がない場合のみ本人限定受取郵便なのでしょう。

 

今までにみずほ銀行と何か契約した事もなかったのに、急に郵送物が届くと家族の方も何だろう?と訝しむ事でしょうから、そのあたりは配慮が感じられます。

 

いずれにしても、みずほ銀行カードローンは口座がある事が契約の条件になっているので、口座不要ではキャッシング利用できません。

 

口座開設が済んでいない事で、逆に本人限定受取郵便で郵送してくれるなら、その方がキャッシングがバレにくいといえるでしょう。

 

郵送物が届いても家族にバレない方法はある?

 

みずほ銀行カードローンでは郵送物なしに出来ない事は分かったけど、それでも何とかバレずにみずほ銀行でキャッシングしたい!何かいい方法はないの?と思う方もいる事でしょう。

 

基本的にみずほ銀行自体が知名度のある大手銀行なので、何かしら郵送物が届く言い訳を考えておけばそれほど追及される事はないといえます。

 

特に、口座がある事を家族の方も知っている場合は、自分宛にみずほ銀行から普通郵便が届いても特におかしいと思われる事はないでしょう。

 

ただその際家族の方もみずほ銀行を同じく利用している場合は、中を開けられてしまう可能性があるので何か理由を考えておく必要があります。

 

例えば、限度額や金利はカードローンの他にクレジットカードにも関係がありますから、みずほ銀行でクレジットカードを作成した。というように家族の方に言い訳をしても不自然ではありません。

 

みずほ銀行で特に取引が今までなかった場合などで、本人限定受取郵便が届くのを誤魔化したいなら、会社の業務に関わるものだという言い訳も良いでしょう。

 

本人限定受取郵便はバレにくい

 

また、本人限定受取郵便の場合は、本人確認書類を持参して郵便局まで引き取りに行く方法もあります。

 

郵便局まで自分で取りに行けば、自宅に郵送される事はないので一番キャッシングがバレにくい方法といえるでしょう。

 

加えて、郵送の場合も本人限定受取郵便は時間指定をする事も出来るので、自身が確実に自宅にいる時を指定すれば問題ないです。

 

したがって、みずほ銀行を初めて口座開設して利用する方の方が、キャッシングがバレにくい契約がし易いといえるでしょう。

 

WEB完結申し込みが一番郵送のやり取りが少なく済む

 

みずほ銀行カードローンへの申し込みは、ネット・電話・郵送などで可能ですが一番郵送物が少なく手続きが可能なのがネット申し込みです。

 

というのは、もし郵送申し込みなどをする場合は、みずほ銀行から自宅に郵送物が送られるだけでなく、自分の方からも申込書や必要書類などを郵送する必要があるので、郵送でのやり取りが増えバレてしまう機会が増えてしまいます。

 

その点、ネット申込でのWEB完結申し込みであれば申込書も不要ですし、必要書類の提出もスマホカメラで撮影した画像などで提出が可能です。

 

また、先述もした通り、キャッシュカード兼用型で契約すれば、ローンカードの発行はなしになりキャッシュカードでの借り入れが出来ます。

 

みずほダイレクト(ネットバンキングシステム)の利用もすれば、契約締結後は平日平日0時〜15時まで振込キャッシングが可能です。

 

郵送・返送をしていると申し込みから融資までに時間も必要以上にかかるので、少しでも早く郵送物を省いてキャッシングするならWEB完結申し込みがおすすめといえます。

 

増額案内も郵送!?断る事が可能

 

みずほ銀行は郵送物に関して配慮がなさすぎるので、増額の案内も封筒で郵送してきます。

 

返済をきっちりして長らくみずほ銀行カードローンを利用して返済実績を積むと、増額を勧められる案内が届く場合があります。

 

限度額を上げる機会が出来る事はありがたいのですが、正直それでわざわざ自宅に書類を郵送してこなくてもいいような気がしますよね。

 

何も断りを入れておかないと、増額案内が送られてきてしまいますが先に増額案内の郵送を断っておく事で、郵送物なしにする事が可能です。

 

限度額の増額は、みずほ銀行からの案内がなくても利用実績が積めており、与信状態に問題がなければ自分で申し込んでも問題がありません。

 

また、みずほ銀行ATM画面で増額の案内が出たりする事もあるので、郵送物を断っても増額が出来なくなるわけではないので安心してください。

 

カードローン郵送物なしをもっと詳しく⇒