カードローンは通帳に利用が記帳される?マイナスマークはいったい何!?

 

カードローンではキャッシングや返済の際に、金融機関の口座を利用する場合があります。

 

その為、通帳にキャッシングをした履歴がそれと分かるように記帳されてしまわないか心配になる方は少なくありません。

 

カードローンで借りたり自動返済した口座の中の金額自体は通帳に記帳されます。

 

ただ、その記帳される記録は他の口座引き落としの支払いと変わらないので、通帳でキャッシングがバレる可能性は低いです。

 

ローンカードでキャッシングすれば通帳記帳はない!

 

それでも通帳の記録でカードローンがバレないか心配!という方は、ローンカードでのキャッシングと返済を心がけると良いです。

 

ローンカードを使ってATMからキャッシングや返済をする場合は、口座を使いませんから通帳も必要なければ、記帳をする事もありません。

 

ATMには銀行のものやコンビニなど様々なものがありますが、どの種類のATMを利用しても通帳は不要でカードだけでキャッシングも返済も可能です。

 

その為、カードローンで使えそうな口座が家族共有のものしかない…借金はバレたくない…という場合は、ローンカードを発行する方法でカードローンを契約しましょう。

 

ただし、ATMでキャッシングや返済をすると利用明細書がその場で発行されます。

 

万が一、利用明細書が衣類のポケットに入っていたり、財布に入れっぱなしで家族の目につくようなところに置いてあると、キャッシングがバレるので注意してください。

 

最近の利用明細は、明細書を発行せずに契約した金融機関のネット会員ページで確認できたり、ダウンロードして電子発行が可能です。

 

カードローン契約後すぐに利用明細の発行をなしに変更しておけば、明細書の管理に気を遣う必要もありません。

 

キャッシュカード一体型かカードレスでさらにバレにくい

 

ローンカードを発行したら郵送物が届いたり、カードが見つかったりしてバレるかもしれないじゃないか!という方もいると思います。

 

郵送物に関しては自動契約機がある金融機関でカード発行する事でなしにする事が可能です。

 

また、ローンカード自体が見つかりそうで嫌だ!という場合は、消費者金融ならカードレス契約が可能ですし、銀行ならキャッシュカードにローン機能を付帯させることでローンカードが発行されません。

 

その際、キャッシュカード一体型カードを利用しても、ATMからのキャッシング・返済であれば通帳は関係ないです。

 

通帳にマイナスの残高があるのはカードローンのせい?

 

時に、カードローンを利用していて、ある日通帳をみたらマイナスマークの残高があった!という経験がある方もいるかもしれません。

 

残高がマイナスなのは何だか嫌な予感がして不安ですし、ひょっとしたら家族に見られて問いただされる可能性もあります。

 

基本的に通帳にマイナスマークがあるのは、借り入れ残高がある場合です。

 

さっき通帳にキャッシング分は記帳されないって書いてあったじゃん!と思うかもしれませんが、あくまで口座を利用して融資を受けたり返済をしていない場合に限ります。

 

つまり、通帳にマイナスマークの残高があるという事は、その通帳で管理している口座のいずれかをカードローンで使っている状態といえるのです。

 

マイナスマークがある限りは借入をしている事になるので、その残高分が消えない事には利息がかかりますから、他の口座に預金があるならマイナスが付いている口座に送金して早々にマイナスを刑した方が良いです。

 

ただ、マイナスマーク残高の厄介なところは、カードローンが原因ではない場合がある点です。

 

特に、総合口座として普通預金の他に定期預金や積立預金も一括で管理している場合は、カードローンではなく口座付帯の自動融資機能が原因となっている可能性が高いです。

 

自動融資でマイナス残高が出来るのは何故?

 

自動融資は文字通り、自分で振込キャッシングなどをしなくても自動で金融機関が融資してくれるサービスです。

 

しかし、サービスではありますが融資であるからには利息がかかります。

 

自動融資が適用されるのは、普通預金口座から引き落としがされる際、預金額以上の引き落とし額になった場合です。

 

本来、自動引き落としの際に口座にお金がなければ支払い遅延になります。

 

すると、遅延損害金が生じてしまうので、そういったことを防ぐ為のサービスが自動融資です。

 

つまり、自動融資が適用されている口座の預金額以上の引き落としがされると、足りなかった金額分が勝手に貸付されるという、ありがたいような迷惑なようなサービスといえます。

 

基本的に総合口座の自動融資は、定期預金を担保に融資されるので勝手にマイナス残高が増えるのを止めたい場合は、使っていない定期預金を解約するのが良いです。

 

 

 

通帳でのキャッシングバレを心配する方は、おそらくカードローンを内緒で利用しながら、通帳にマイナスマーク残高があるのではないかと思います。

 

ローンカードでの利用に徹していて、預金額以上の利用の覚えもないのに通帳にマイナスマークがある場合、同じ口座を利用している誰かが借金をしている事が考えられます。

 

もしくは、知らずのうちに自動融資機能で差額分を借りてしまっているので、早々に上述してきた内容を自身の口座履歴で確認することをおすすめします。