Web完結カードローンはバレずに内緒で契約可能?

 

カードローンの契約の仕方は昨今様々ありますが、借り入れを誰にもバレずに内緒でしたい方には、Web完結可能なカードローンがオススメです。

 

基本的にWeb完結は人目に触れずに契約出来、郵送物なども発生しにくいといえます。

 

Web完結のカードローンの仕組みとは?

 

Web完結カードローンで契約するには、まずネット申し込みをする必要があります。

 

ただ、昨今のカードローンは消費者金融でも銀行でもネット申し込みが出来るものがほとんどです。

 

では、ネット申し込みできるものすべてがWeb完結可能なカードローンか?といえば、そうではありません。

 

基本的にWeb完結可能なカードローンとは、申し込みから契約手続き、融資までがネット上で完了で出来るものを指します。

 

その様にネット上でカードローン契約を完了させることで、以下のような手間を省く事が可能です。

 

Web完結で省ける手間
  • 契約書類などの郵送やり取り
  • 自動契約機での手続き
  • ATMでの借り入れ・返済

 

Web完結は、上記のようなアナログなやり取りがすべてネット上で完了することが出来る仕組みです。

 

昨今はPCだけでなく、スマホからも簡単にネットが使えるので、カードローンのWeb完結契約をスマホで簡単にする事も出来ます。

 

その様にカードローン契約をスマホ上で完了させることを「スマホ完結」ともいい、金融機関からそれぞれ専用のカードローンアプリが配信されている事も珍しくありません。

 

WEB完結のメリットは借入がバレにくく融資までが早い事!

 

書類の郵送などといった時間がかかる手続きがないため、Web完結カードローンは融資が早く受けられます。

 

消費者金融のWeb完結カードローンであれば、自宅に居ながら即日ネットキャッシングが可能です。

 

自動契約機を利用しに行ったりすると人目が気になり、ひょっとしたら知人や友人に借り入れがバレてしまうかも…という不安が拭えません。

 

また、書類の返送などの郵送物が自宅に届く場合、自分以外の家族が受け取ってカードローン契約がバレてしまう可能性が高いです。

 

Web完結出来るカードローンでは、その様に申し込み手続きの途中で誰かに借り入れがバレてしまう心配が少なくて済みます。

 

バレないWEB完結即日キャッシングなら消費者金融?

 

その為、配偶者の方や家族に心配をかけたくなくて、バレないように即日キャッシングがしたい!という事でWeb完結契約を希望する方は多いです。

 

もし、内緒に急いでキャッシングがしたい場合のWEB完結なら、消費者金融がオススメです。

 

というのは、即日キャッシングの精度が高い事が一つと、もう一つは、消費者金融の方がカードレス契約が可能だからです。

 

銀行は原則、ローンカードかキャッシュカードの発行が必須です。

 

カードレス契約が出来れば、ローンカードや契約書類の発行も郵送も省けるので、借り入れがバレてしまう可能性が低くなります。

 

意外と、郵送物を家族が見てしまったり、ローンカードが財布にあるのを見られてしまったりするのが、借り入れがバレる原因となりやすいです。

 

カードレスで郵送物をなくすなら、消費者金融でWEB完結契約をするのが良いでしょう。

 

Web完結可能なカードローンにデメリットはある?

 

消費者金融のWeb完結カードローンの場合は、ほぼデメリットがないといえます。

 

ただ、申し込み時に契約書類や明細書などが郵送されてこないように、きちんと正しく手続きをしたり、設定をする事が重要です。

 

ところが、同じWeb完結可能なカードローンでも、契約先が銀行の場合は以下のようなデメリットが生じる事があります。

 

銀行Web完結カードローンのデメリット
  • ローンカードと契約書類が郵送される
  • 利用明細書も郵送される事がある
  • 口座開設が必要なことがある

 

銀行カードローンは、原則、ローンカードが発行され、カードレス契約できません。

 

また、住所の確認も兼ねて、ローンカードを郵送でしか発行していない銀行も少なくないです。

 

その為、ローンカードと共に契約書類も併せて郵送されることが多く、万が一家族の方に郵送物の中身がみられてしまうと、借り入れがバレてしまうといえるでしょう。

 

加えて、契約先の銀行口座がなくては、そもそもWEB完結契約自体が出来ない銀行カードローンなどがあります。

 

すると、もしカードローン契約したい銀行の口座を持っていなかった場合、口座開設から始めなくてはいけません。

 

口座開設とカードローン申し込みを同時に出来る銀行もありますが、その場合でも口座開設には時間がかかりますから、融資を受けるまでにかなり時間がかかるでしょう。

 

もし、銀行カードローンでWeb完結をしたい場合は、契約先の口座を保有していて、キャッシュカードにローン機能を付けての契約がオススメです。

 

銀行Web完結カードローンはキャッシュカード付帯で郵送物なし?

 

銀行でWEB完結契約をする方法には、手元にあるキャッシュカードにローン機能を付帯させる方法があります。

 

既に発行されて手元にあるキャッシュカードにローン機能を付けてWeb完結契約する場合は、銀行でも郵送物なしになる
可能性が高いです。

 

ただ、中にはローンカードの郵送はなくても、契約書類は郵送してくる銀行もあるので、その点は注意しましょう。

 

その場合、完全なWEB完結ではなくなってしまいますが、自動契約機のある銀行であれば契約書類も契約機から受け取れば
郵送物はなしに出来ます。

 

キャッシュカード付帯ローン契約の場合、大体どの銀行も口座残高不足時の自動融資を、サービスとして契約と同時に付帯してくれます。
(自動融資サービス希望の別途手続きが必要な場合もある。)

 

何かの料金の支払いの際、口座引き落としにしていたのを忘れて口座残高が支払う金額に対して足りない!

 

といった時に、この自動融資サービスが適用されていれば、契約先の銀行が自動で振り込み融資をしてくれるというメリットもあります。

 

Web完結契約も可能なバレにくいカードローンは?

 

Web完結にも対応しており、内緒でバレない借り入れが出来るおすすめのカードローンは以下の通りです。

 

プロミス

 

プロミスはWeb完結契約もカードレス契約にも対応しています。

 

ネットから申し込み、返済方法を口フリ(口座振替)にし、「カードなし」を選択することで、郵送物一切なしで契約が可能です。

 

平日14時50分までに振り込み申請をする事で、即日振込融資を受ける事が出来ます。

 

また、融資の振り込み先が三井住友銀行またはジャパンネット銀行の場合は、24時間いつでも瞬フリサービス(最短10秒振り込み)が受けられ、かなり早く借り入れが可能です。

 

SMBCモビット

 

一番バレにくいWeb完結カードローンなら、モビットがオススメです。

 

モビットWeb完結契約をする場合、三井住友銀行または三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座と社会保険証(組合保険証も可)が必要となります。

 

その様に必要な物は多いですが、モビットでWeb完結カードローン契約をする場合、郵送物に加え電話連絡も一切なしにする事が可能です。

 

借り入れがバレてしまう原因になり易い、郵送物と電話連絡が両方なしになるので、モビットは特に家族や勤務先の方にバレにくいカードローンといえるでしょう。

 

レイクアルサ

 

レイクアルサは最近消費者金融に戻ってきた貸金業者で、Web完結対応もしています。

 

レイクアルサの場合は、特定の銀行の口座がなくてもWeb完結カードローン契約が可能です。

 

カードレスにしてローンカードの発行をなしにする事も出来、自宅への郵送物もありません。

 

14時までに契約手続きを完了出来れば、即日中に振り込みで融資が受けられます。